GIMP2できれいな円の内側の輪郭を透過にしてみよう - 初心者でもできる画像の編集+加工

ブログURL変更のお知らせ

いつも「初心者でもできる画像の編集+加工」をご覧いただきありがとうございます。

このたび、ブログURLを変更しましたのでお知らせいたします。新しいURLは以下のとおりです。

新URL:http://gazocustomize.xyz/

旧URLにアクセスしても新しいURLに転送されるようになっています。

今後も「初心者でもできる画像の編集+加工」をどうぞよろしくお願いします。

GIMP編集
無料画像編集ソフトGIMP2.8で画像の編集+加工の記事一覧はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIMP2できれいな円の内側の輪郭を透過にしてみよう

20161223.jpg
高機能な画像編集無料ソフトGIMP2.8を使って、円の内側の輪郭を透過にしてみよう。
GIMPでは、円の内側をくり抜いて透過にする方法がいくつかあります。
そんなにむずかしくないので、さっそく描いてみよう。
今回は、円の内側を透過する方法を3つご紹介します。
まずは、いつものようにGIMPを起動しましょう。
新しい画像を作成し、新しいレイヤーを追加しておきましょう。

円の内側の輪郭を透過する方法【境界線の描画】


「ツールボックス」から「楕円選択」を選択します。
今回は、正円を描きたいので、「値を固定」にチェックを入れ、「縦横比」で「1:1」にします。
詳しい「楕円選択ツール」の使い方はこちらを参考にご覧ください。
20161223-1.jpg


次に、円にする色を決めましょう。
ツールボックスの「描画色」をクリックします。
20161223-2.jpg


「描画色の変更」のダイヤログが開くので、円を描きたい色をここで決めます。
現在の色をみて、お好みの色になっていたら「OK」をクリック。
今回は赤で円を描きます。
20161223-3.jpg


次に、マウスをドラッグしながら円の選択範囲を作成します。
20161223-4.jpg


メニューバーから、「編集」⇒「選択範囲の境界線を描画」を選択。
20161223-5.jpg


「選択範囲の境界線を描画」のダイヤログが開くので、「描画色」を選択し、
「線の幅」を決めたら、「描画」をクリック。
20161223-6.jpg


これで、「選択範囲の境界線を描画」を使い、円を描くことができました。
20161223-7.jpg


でも、「選択範囲の境界線を描画」で描いた円は、きれいな円とは言えませんね。
この円も味があっていいといえばいいんですが....

続いて、ほかの方法で円を描いてみましょう。

円の内側の輪郭を透過する方法【縁取り選択】


GIMP2には「縁取り選択」という機能があります。
さっそく、描いてみましょう。

先ほどと同じく、「楕円選択ツール」で、マウスをドラッグしながら円の選択範囲を作成します。
20161223-4.jpg


円の色も先ほど決めておいた色を使います。

次に、ツールバーから「選択」⇒「縁取り選択」を選択。
20161223-8.jpg


「縁取り選択」のダイヤログが開くので、縁取りの幅を決めます。
先ほど、「選択範囲の境界線を描画」で線の幅を20pxにしたので、今回も20pxにします。
「OK」をクリック。
20161223-9.jpg


「縁取り選択」で円の選択範囲が作成されました。
20161223-10.jpg


「縁取り選択」の場合は、初めに「楕円選択ツール」で選択した範囲を中心に、
縁取り範囲が振り分けられるので注意してください。
20161223-11.jpg


次に、ツールボックスから「塗りつぶし」を選択して、円の選択範囲で左クリックします。
ツールバーの「編集」から「描画色で塗りつぶす」でも円に色を付けることができます。
20161223-12.jpg


20161223-13.jpg


これで、GIMP2の「縁取り選択」を使って円を描くことができました。
20161223-14.jpg


先ほどの「選択範囲の境界線を描画」で描いた円よりはきれいになったんですが、
まだ円の輪郭線がきれいではありません。

続いて、もうひとつの方法で円を描いてみましょう。

円の内側の輪郭を透過する方法【選択範囲の縮小で切り抜く】


先ほど同様、「楕円選択ツール」で、マウスをドラッグしながら円の選択範囲を作成します。
20161223-4.jpg


次に、選択した範囲を「塗りつぶしツール」を使って一度塗りつぶします。
20161223-15.jpg


塗りつぶしたら、ツールバーの「選択」⇒「選択範囲の縮小」を選択。
20161223-16.jpg


「選択範囲の縮小」のダイヤログが開くので、ここでも選択範囲の縮小量を20pxに合わせて「OK」をクリック。
20161223-17.jpg


選択範囲が縮小されました。
縮小量を20pxに合わせると、下記の選択範囲になります。
20161223-18.jpg


次に、ツールバーの「編集」から「消去」をクリックします。
20161223-19.jpg


これで、選択範囲の縮小で切り抜くことができました。
20161223-20.jpg


GIMP2では、この方法が一番きれいな円の輪郭線になりますね。

今回は、円で作成してみましたが、楕円形でもできるのでいろいろ試してみてくださいね。
以上、GIMP2できれいな円の内側の輪郭を透過にしてみようでした。
お疲れ様でした。
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます




Comment
非公開コメント

Track Back

http://gazocustomize.blog.fc2.com/tb.php/133-6cc43b94

スプレッドで比較

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。