GIMPの矩形選択ツールの使い方 - 初心者でもできる画像の編集+加工

ブログURL変更のお知らせ

いつも「初心者でもできる画像の編集+加工」をご覧いただきありがとうございます。

このたび、ブログURLを変更しましたのでお知らせいたします。新しいURLは以下のとおりです。

新URL:http://gazocustomize.xyz/

旧URLにアクセスしても新しいURLに転送されるようになっています。

今後も「初心者でもできる画像の編集+加工」をどうぞよろしくお願いします。

GIMP編集
無料画像編集ソフトGIMP2.8で画像の編集+加工の記事一覧はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIMPの矩形選択ツールの使い方

20161218.jpg
高機能な画像編集無料ソフトGIMP2.8の基本的な使い方をマスターしよう。
今回はツールボックスの中にある「矩形選択」です。
画像の編集・加工をおこなうときに一番よく使うツールですね。
「矩形選択」のツールオプション操作を覚えておけば、
いろんな選択ができるので画像の編集時に役に立ちます。

GIMPの「矩形選択ツール」とは


GIMPの「矩形選択ツール」は、正方形、長方形を選択することができます。
また、角を丸くしたり、選択した範囲を塗りつぶしたり、切り取ったり、縁取りしたりできるツールです。

矩形選択ツールの呼び出し方


20161218-1.jpg

「矩形選択ツール」を使う場合は、次のいずれかです。
  1. ツールボックスの「矩形選択」アイコン
  2. メニューバーのツール ⇒ 選択ツール ⇒ 矩形選択
  3. キーボード「R」

矩形選択ツールで選択してみよう


通常は、画像の上で、マウスを左クリックしドラッグしながら選択範囲を決めます。
20161218-2.jpg


大きさを固定して範囲を選択してみよう


正方形や長方形、決まった大きさの範囲を選択したい場合は、
「ツールオプション」の「値を固定」にチェックを入れます。
20161218-4.jpg

値を固定する項目で、縦横比、幅、高さ、サイズが指定できます。
例えば、正方形を選択したい場合は、「縦横比」を選び、「1:1」と入力します。
20161218-5.jpg

幅を100Pxにしたい場合は、「幅」を選び、「100」と入力すれば、幅だけ固定されて選択できます。
高さも幅と同じ方法で数字を入れてマウスを左クリックしながらドラックすると高さが固定されます。

決まったサイズにしたい場合は、値を固定する項目で「サイズ」を選び、
固定したいサイズの数字を入力すれば、「矩形選択」が決まったサイズに固定されて出てきます。
20161218-7.jpg


矩形選択モード


20161218-8.jpg

GIMPでは、「矩形選択」のモードを変え、2回選択をすることで、選択範囲を選ぶことができます。
120161218-9.jpg選択範囲を新規作成または置き換えます
1回目の選択範囲があっても、2回目に選択すると、1回目の選択範囲が消え、2回目の選択範囲に置き換えられます。

20161218-10.jpg選択範囲に加えます
1回目の選択範囲に選択範囲を追加することができます。
「 Shift 」キーを押しながら2回目の選択範囲をしても同じことができます。
例えば、選択範囲と選択範囲を重ねたい場合などに使います。
20161218-13.jpg

このように選択範囲が重なっても、選択範囲同士がつながります。
20161218-14.jpg


20161218-11.jpg選択範囲から引きます
1回目の選択範囲から2回目の選択範囲の重なった部分を引きたいときに使います。
「 Ctrl 」キーを押しながら2回目の選択範囲をしても同じことができます。
20161218-15.jpg

このように、重なった部分が、引かれます。
20161218-16.jpg


20161218-12.jpg現在の選択範囲と交差部分を新しい選択範囲にします。
「 Shift 」+「 Ctrl 」キーを押しながら2回目の選択範囲をしても同じことができます。
1回目の選択範囲と2回目の選択範囲の重なった部分だけが選択範囲として残ります。
20161218-17.jpg

このように選択範囲と選択範囲が重なった部分だけが選択範囲として残すことができます。
20161218-18.jpg


矩形選択の境界をぼかす


GIMPでは、選択範囲の境界をぼかすことができます。
20161218-19.jpg

例えば、選択した範囲を塗りつぶしたりすると、境界がぼけます。
20161218-20.jpg


角を丸める


選択範囲の角を丸めることができます。
20161218-21.jpg

半径の数字を大きくすれば、選択範囲の角はどんどん丸くなります。
20161218-22.jpg


中央から拡げる


「中央から拡げる」にチェックを入れると、マウスでドラッグし始める選択の始点が中心から始まります。

ハイライト表示


「 ハイライト表示 」にチェックを入れると、選択範囲がハイライトされるので、選択範囲が一目でわかります。
20161218-23.jpg

20161218-24.jpg

ハイライトの表示は、「表示しない」にすると、上の画像のようになります。

選択範囲のガイド


GIMPでは、選択範囲内に分割ガイドを表示することができます。
ガイドを表示することで、構図が作りやすくなります。

センターライン
20161218-25.jpg


三分割法
20161218-26.jpg


五分割法
20161218-27.jpg


黄金分割
20161218-28.jpg


対角線構図
20161218-29.jpg


以上、GIMP2.8の基本的な使い方「矩形選択」をマスターしようでした。
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます




Comment
非公開コメント

Track Back

http://gazocustomize.blog.fc2.com/tb.php/130-253dd935

スプレッドで比較

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。